バージョン2の概要

フィールドノート ver.2を説明するスライドです。初めのスライドの目次から必要なスライドにジャンプできます。下部のドロップダウンメニューでも任意のスライドへ移動できます。スマートフォンではスライド画面をタップして全画面表示にしてください。

fnote2使い方スライド

野鳥記録カードの詳細画面

詳細タブを表示すると、さらに多くの情報を記録できます(ver 3ではこのうち利用頻度が高い記録項目だけを使用しています)。赤枠で囲んでいる観察コードは繁殖状態を記録するためのものです。観察コードを記入したあとで別のフィールドに移動すると、自動的に対応する繁殖ランクが表示されます。

Ver 2と3の相違点

  • ver2は野鳥記録を公開にする機能がありませんが、ver3は初期状態で公開されます(非公開を選択することも可能)。ver2で入力した地点をver3で表示すると、非公開を意味するオレンジ色のアイコンで示されます。ver3で公開状態を意味する黄色いアイコンの地点にver2で記録した情報は公開状態になります。

  • ver 2では野鳥カード(1回の野鳥観察を記録する画面)に紐付く調査地名を複数作成できますが、ver 3にはこの機能がありません。ver 3に入力した記録をver2で表示する場合、その記録は「バードウォッチング」という調査名に紐付けられています。

  • ver 2ではグループ調査名という機能があり、複数のユーザーが同じ調査名を共有して、互いの記録を横断的に検索できる機能があります。ver3にはこの機能はありません。